ビットコイン (BTC)擁護で知られている米上院議員候補Austin Petersenは、8月7日の共和党の予備選挙で敗北しました。

Missouri国務長官が発表した非公式の結果によると、Petersenは、663,553票の58.6%を受け取った検事総長Josh Hawleyとの戦いに敗れたといいます。

 

Hawley氏は、総選挙で民主Missouri州上院議員、Claire McCaskill上院議員に対面するとみられています。Petersen氏はこうツイートしました。

 

“申し訳ありません、私は、勝利を勝ち取ることができませんでした。候補者としての欠点は私自身にあり、私たちの活動のせいではありません。私は完璧な使者ではありません。いつかすぐに他のリーダーたちが私よりも首尾よく戦うのを目撃するでしょう。”

 

ABC News は2月、Petersen氏のキャンペーンが24回の ビットコイン 寄付を受けたことを報告しました。連邦選挙でこれまでに受けた最大のBTC寄付でした。

12月20日に受領した時点で、0.284 BTC の寄付は米ドルに換算されたと言われています。当時、寄付は4,500ドルを超える価値があり、1人あたり2,700ドルという連邦選挙の上限を超えています。候補者のウェブサイトは、最初の$ 2,700が予備選挙の活動に向かい、残りの金額は総選挙で使用されると説明しています。PetersenのキャンペーンマネージャーのJeff Carson氏は、こう語りました。

 

仮想通貨 をキャンペーンの寄付やキャンペーンの資金調達のツールとして使うつもりはありません。Austinは、たとえそれが我々の通貨であっても、個人的に市場競争のファンです。 ビットコイン のような 仮想通貨 が登場したことで、 仮想通貨 を扱うのは容易ではなくなりました。」

 

一部のアメリカの議員は、より強化されたデジタル通貨へのアプローチを採用しており、もはや通貨を持つようになっています。今週初め、司法委員会の委員長という米下院は、彼が ビットコインイーサリアムビットコイン キャッシュを所持していると明かしました。議員Bob Goodlatte(R-VA)は、彼の義務的な年次Financial Disclosure Statementの暗号で17,000〜80,000ドルを所有していると報告しています。

 

 

 

参照元