Global eTrade Services(GeTS)が立ち上げたOpen Trade Blockchain(OTB)は、買い手、売り手、荷送人、貨物運送業者などの取引サイクル中の文書をプラットフォームに登録できるようにします。

貿易に関与する他の当事者は、文書は自動マッチングプロセスを通じて合法であることを検証することができます。

ブロックチェーン技術により強化されたこのシステムは、輸出者の電子メールアカウントがハッキングされたり、電子メール内の商用請求書が不正に変更されたりするなど、実際のイベントに対処するように設計されています。

 

 

プラットフォーム上にあるドキュメントには、原産地証明書、商業用請求書、出荷および貨物運送書類が含まれます。

大量のドキュメントを持つ当事者にとっては、OTBの内部システムに保存されたドキュメントを自動的に抽出できるようなAPIが利用可能です。

既に、およそ10万件のドキュメントがプラットフォーム上で処理されています。ほとんどの場合、GeTSの既存のユーザーベースを使用しています。同社はまた、多くの組織や代理店と提携しています。多くの組織や代理店の顧客たちもプラットフォームを使用しています。

 

 

 

シンガポールは、シンガポール通貨当局(MAS)が世界貿易連結ネットワーク(GTCN:Hong Kong Monetary Authorityとのブロックチェーン上に構築された貿易金融ソリューション)の開始に向けて引き続き努力しています。

5月、シンガポール国際商工会議所は、透明性とセキュリティを向上させるために、電子商取引証明書(eCO)をブロックチェーンベースのプラットフォームに移行する計画を発表しました。

また同月、シンガポールのArkratos社は、ロッディーズ・リソーシズの取引所にリンクし、ブロックチェーン技術を用いて商品取引プラットフォームを立ち上げました。

 

 

参照元