2020年までに、医療機関の20%が運営管理と患者データの管理にブロックチェーンを利用する可能性があるとComputerWorldは報告しています。

 

データ交換のためのブロックチェーンの相互運用性は、ヘルスケアプロバイダー、薬局、保険契約者、および臨床研究者のための正確なリアルタイムの患者データを送信し、情報交換に取って代わることができます。

 

しかしこの技術への採用や試験的な企画を超えたあらゆる動きは、規制やセキュリティの懸念が深刻なために遅れていると報告されています。アメリカ合衆国退役軍人局(Department of Veterans Affairs)は、昨年のブロックチェーン技術に関する報告書で、元帳技術の完全性を指摘しましたが、ブロックチェーンを活用する計画はまだ実施していません。

 

既にいくつかのヘルスケア企業ではブロックチェーンの活用により、遠く離れた医療関係者との間で患者データ等を共有しています。ブロックチェーンの活用によって、臨床データの配布を促す可能性があります。

 

参照元