中国銀行の最高情報責任者(CIO)は、ブロックチェーンを柱とする技術研究費を増やす計画を明らかにしました。

 

中国銀行は2018年、クラウドコンピューティング、ビッグデータ、人工知能の3つの主要プラットフォームの開発を重視しています。

同行は、現在リスク管理に使用されているリアルタイムのモニタリング機能を強化したいと考えています。また、イノベーションの需要を満たすために独立したテクノロジー企業が設立されたという報告もあります。

 

 

ブロックチェーン技術に関して、CIOのLiu Qiuwan氏は次のように述べました。

 

「中国銀行は2017年の世界のブロックチェーン企業特許ランキングの統計に基づいて、データ共有、デジタル通貨、デジタル紙幣などを主に対象とする12のプロジェクトにブロックチェーン技術を適用しています。中国銀行はブロックチェーンの特許出願数が11件あり、世界で20位、国内銀行業界で1位です。」

 

 

参照元