Hash House設立

中国西安に設立された 仮想通貨 カフェ兼コワーキングスペースHash Houseは、陝西省の首都であり西安の有名な兵馬俑の本拠地である中国の都市西安にあります。Hash Houseの中では、鉱業のハードウェアとその歴史、 仮想通貨 をテーマにした装飾、世界各地のさまざまなハードウェア財布などの関連商品を販売する店舗を展示しています。

 

Hash Houseは、 仮想通貨 コミュニティセンターとしての役割も果たし、ホワイトペーパーや関連書籍などの無料の学習資料を提供しています。毎週、さまざまなテーマに関するセミナーやミートアップを開催し、最新の 仮想通貨 ニュースやトレンドを地元の人々に無料で提供します。そしてHash Houseでは、Bitcoin Cash(BCH)でお金を払うことができる特別な食べ物や飲み物を提供しています。また、関連するスタートアップのための開発スタジオ、教室、複数の会議室、2000平方メートルの展示エリア、500平方メートルのオフィススペースもあります。

 

地域社会に還元する

Hash Houseの創設者であるKirk Su氏は、この新しいベンチャーの背後にある論理的根拠について説明しました。彼はインディアナ大学を卒業して中国に帰国したとき、西海岸で見たものと比較して母国での 仮想通貨 カフェの採用は依然として難しいことに気付きました。彼はすでにこの時点で3年間 仮想通貨 の世界に関わっていて、「人々が知るべきものなので、コミュニティに ビットコイン の文化を還元したい」と考えていました。

 

Hash Houseの目的は、新規の人々に 仮想通貨 のコンセプトを紹介することと、 仮想通貨 に対してネガティブな考えを持っている人達にコンセプトを伝えることです。さらに、Kirk氏はBitcoin Cashの実用性、歴史、遺産について新規の人々に教えると説明しています。