BCL Foundationは、ブロックチェーンとIoTデバイスの力で仮想世界と現実世界をつなぐことを目的とした、企業向けパブリックチェーン構築プロジェクト”BCL チェーン”の立ち上げを発表しました。

 

BCLチェーンは、財産、ホテルのチェックイン、自宅とサプライヤーへの配送から、組織や個人が個人スペース、共有スペースを守ることを可能にします。

このシンプルなコンセプトは、長期的な拡張性と使いやすさを確保することを目的としており、ロックというコンセプトをプラットフォームとして推進しています。

プロセスをさらに合理化するため、BCL Foundationはスマートロックとシェアリングエコノミーのためにカスタマイズされた専用の スマートコントラクト テンプレートをコンソーシアムパートナーに提供しています。

このテンプレートを使用すると、開発者は新しいプログラミング言語を学ぶ必要がなくなるため、市場投入までの時間と開発コストを大幅に削減できます。

 

 

BCLのエコシステムに参加すると、企業はIoTの高性能スマートロックを提供され、IoT Cloudを通じてインフラチェーンに直接接続されます。

さらに、BCL Foundationは近い将来、Smart Delivery Box、Smart Appliances、Smart CarsなどのIoTデバイスをサードパーティーのエコシステムパートナーと統合し、より多くのスペースや資産を共有できるようにする計画です。

 

近い将来、BCLのエコシステムでは、デバイス間の認証と支払いの概念も導入されると言われています。

 

参照元