10月のブラジル総選挙を前に、大統領候補のJoão Amoêdo氏は ビットコイン を合法化することを約束しました。Amoêdo氏の大統領選勝利の可能性は低いですが、政治家が実際にそのような金融イノベーションを支持しているという事実は、ブラジルの 仮想通貨 支持者にとって朗報です。

 

2015年から新党(Partido NOVO)を率いているJoão Amoêdo氏は、数日前に地元メディアとブロックチェーンをベースにしたプロジェクトを実施することの利点について意見を交わしました。経済学者である彼は、この新技術が汚職を減らすことで、国の行政部門にプラスの影響を与えると固く信じています。

 

Amoêdo氏はまた、ブロックチェーンは不動産、電子投票、さらには生態学など、他の多くの分野でも利用できると主張しています。

 

南米最大の国であるブラジルでは、伝統的な銀行からの絶え間ない圧力のため、 仮想通貨 の状況は依然として不安定です。ブラジル当局は1月、同国の投資ファンドがデジタル通貨を購入することを禁止し、 ビットコイン は金融資産とはみなされないという判決を下しました。 仮想通貨 が大統領選挙の争点になっている中で、現在の規制に対する希望が揺らいでいます。

 

 

参照元