南米は、世界中で最も有望な 仮想通貨 市場の1つになっており、近年驚異的な成長を遂げています。さまざまな情報源からのデータによると、他の国ではユーザーベースが高くなっていますが、一部の南米諸国の成長率は、ユーザー数が減少した世界の他の国々の成長率をはるかに上回ります。

 

仮想通貨 市場が大きく拡大した国の一つがペルーです。貿易額は急速に増加しており、月平均では最大50%も増加することもあります。

南米のポータルサイト「Cripto Noticias」のインタビューで、南米の 仮想通貨 取引所であるBitInkaのCMO、Walter Salmeri氏は南米市場の状況、特にペルーの成長について語りました。

 

「世界中のケースと同様に、 仮想通貨 市場は常に長期的に成長しています。 ほとんどの 仮想通貨 の価格が大幅に下落した結果、今年の最初の数ヶ月間に収縮と停滞を示していますが、現在は急速に成長しており、多くの人が信じるように、 2018年の最後の3か月ではさらに上昇するでしょう。」

ペルーの現状については、一般的な傾向とあまり変わらないと述べました。彼は、特に2018年の第4四半期に可能性のある成長について楽観的でした。

 

 

参照元