COBoxの国際PR責任者であるDima Zaitsev氏は、ブラジルで公表された暗号資産の支援者に関する最近の研究についてコメントしています。

ブラジルで最近行われた「O Perfil do Investidor de Criptomoedas no Brasil」と題されたポルトガル語による産業調査は、興味深い傾向を示しています。

 

調査の驚きは平均所得と関係があります。大多数の 仮想通貨 保有者(40%)は最低賃金以下、すなわちBRL2,500.0以下(600ドル)です。29.5%はBRL2,500.0(600ドル)~BRL5,000.0(1,200ドル)の所得を得ています。 仮想通貨 保持者のわずか2%だけがBRL50,000.0以上(1.2万ドル)を稼いでいます。これは、最貧層がBitcoinに最大の関心を持ち、それが顕著であることを示しています。

 

理論的には、このような不安定な市場に資金を投入する可能性は最も低いはずです。しかしながら、伝統的な金融市場と比較して、ポートフォリオを作成したり、 仮想通貨 取引所に登録したりする際の参入基準が低く、官僚的な手続きが少なくなったことで、貧困層のブラジル国民にとって 仮想通貨 の導入が容易になりました。

 

 

参照元