2018年初めから、タイ政府は、 仮想通貨 プロジェクトや取引を歓迎するようになりました。

 

わずか数ヶ月で、タイの規制当局は、 仮想通貨 企業のライセンスを設定することから、交換とICOを許可することに顕著な進歩が見られています。

それは同国が、企業が事業運営するために明確なガイドラインを提供することにより、企業誘致に積極的な姿勢を取っていることからも明らかです。

 

 

海外の企業はすでに、魅力を感じ始めており、タイでのチャンスを求めています。

7月初旬、韓国で2番目に大きな 仮想通貨 プラットフォームであるBithumbは、規制当局の承認を受けてタイで開設する予定であることを発表しました。

 

 

参照元