人材紹介企業であるロバートウォルターズは、2017年以来、アジアのブロックチェーンや 仮想通貨 に関連するポジションの数が50%増加したと発表しました。

求人検索エンジンのデータによると、主なアジア市場(オーストラリア、インド、シンガポール、マレーシア)では、ブロックチェーンの役割に高い関心があることが見られています。

 

現状としては、仮想通貨およびブロックチェーンに関心のある求職者の多くは、他業界からの転職といった状況です。

2018年2月以降、ベンチャーキャピタルの伝統的なファンドや中国の投資銀行からの人材流入が見られるようになりました。これは動きが速いヨーロッパやアメリカに、アジアや中国の人材が追いついてきたと言えます。

 

参照元