中国は基本的なブロックチェーン技術には非常に熱心と言われており、世界を見ても指折りの関心度を持っていると言われています。

 

今週、中華人民共和国の中央銀行である中国人民銀行の深セン中央支店が、ベイエリア貿易金融ブロックチェーンプラットフォームプロジェクトのテストフェーズを正式に開始したことが報告されました。

この新しいシステムは、売掛金や貿易融資などの貿易と財務活動を行い、さまざまな財務活動のリアルタイム監視を可能にするシステムを提供することを目的としています。

 

また、中央銀行仮想通貨の開発に関連する40以上のブロックチェーン特許出願が既に行われており、中国は既にブロックチェーンの特許提出では抜きんでた存在だとも言われています。

さらなる調査によると、オンライン商取引大手のアリババは、世界のブロックチェーン特許出願の10%以上を保有しています。

 

 

参照元