ベトナムでは、農産物の輸出を強化することが期待されており、HCM Cityで開催されたブロックチェーン会議でもトピックに上がりました。

 

農村開発センター政策研究所(RUDEC)のディレクターであるĐàoĐứcHuấn氏は、今日の消費者は安全な食品と彼らが購入するものに関する情報を望んでいると指摘しました。

「この消費動向はブランドの創造と市場拡大の両方の機会をもたらしますが、投資と技術の課題も生じます」と彼は付け加えました。

 

南部では、2017年に360億ドルの農産物を40の国と地域に7~8%の伸び率で輸出し、新鮮なドラゴンフルーツは全国の新鮮なフルーツの輸出総額の50%以上を占めました。

ブロックチェーンアプリの実際のプロトタイプは、最初にドラゴンフルーツ輸出に適用され、他の農産物輸出にも対応していく予定となっています。

活用方法に関しては、農家が果物を拾い上げてトレーダーに販売します。トレーダーはプラットフォームにログインし、取引された果物のバッチに関する情報をアップロードします。 トランザクション とQRコードが生成され、それはスーパーマーケットの棚に置かれるまで、果物のバッチに付随されるという仕組みになっています。

 

参照元