仮想通貨所得の課税に関する改正案がポーランドで発表されました。この法案は、分権化された 仮想通貨 と中央集権化された 仮想通貨 とを区別し、仮想通貨取引とマイニングによる収入に適用される税制を明確にしています。

 

この法案の目的は、仮想通貨関連の活動から得られた収入に対する税金の報告と支払いの手続きを簡素化し、明確にすることです。以前の草案では、利益や損失に関係なく、すべての電子マネー取引に課税するという以前の決定を受けて、ポーランドの仮想通貨コミュニティからの抗議を引き起こしました。財務省は、この改正前の草案の「不合理な効果」を認めたうえで、包括的な解決策が見つかるまで課税を断念しました。

 

改正案の主な変更点としては、仮想通貨取引からの収益を個人および企業の課税所得の一部として申告することです。これには、仮想通貨取引所や他の取引プラットフォームでの 仮想通貨 の販売や、自由市場での店頭取引からの収益が含まれます。 仮想通貨 のための商品、サービス、財産の販売による収入も、キャピタルゲインからの収入として扱われます。しかし、仮想通貨間の交換には課税されません。

 

 

参照元