米BitGo社は、サウスダコタ州銀行から公的信託会社の地位を取得したと木曜日に発表しました。これは、同社の既存のストレージサービスがライセンスを取得したBitGo Trust Companyを通じて提供された機関投資家のための「規制された」保護施設であることを意味します

 

BitGoの保護は、銀行の「グレードクラスIII」保管庫で暗号化コールドストレージを提供します。これは不履行までの時間が120分と設定されているものです。クラスMの場合は15分、クラスIの場合は30分に設定されています。BitGoサービスでは、マルチユーザーアカウント75以上の 仮想通貨 をサポートしていると同社は説明しています。

 

規制当局になるために、BitGoはサウスダコタ州の公的信託会社として登録を申請しました。同社は、定期的に財務監査を実施し、州のマネーロンダリング防止(AML)およびノウハウ・カスタマ(KYC )のルールを作成し、毎月開示書類を送付します。公的信託会社の経営陣は、指紋に基づいた犯罪歴調査とクレジットと訴訟報告を受けなければならないと、金融規制当局は説明しています。サウスダコタ州の免許は州内でのみ有効です。

 

BitGin保管システムはBitcoin(BTC)、Ethereum(ETH)、Ripple(XRP)、Bitcoin Cash(BCH)、Litecoin(LTC)、Zcash(ZEC)、およびBitcoinの 7つの 仮想通貨 をサポートする既存のウォレットサービスに基づいています。

 

参照元