マレーシアは、再生可能エネルギー、パーム油産業、イスラム金融の3つの分野でブロックチェーンの活用を試みています。

イニシアチブは、マレーシア産業技術高等弁務官グループ(MIGHT)によって取られています。

政府は、ブロックチェーンが国の経済を向上させるだけでなく、前述の分野における透明性と持続可能性を高めることを望んでいます。

 

イスラム金融を一例にすると、ブロックチェーンは、銀行がイスラム法に従うことを可能にしながら、コストを軽減するのに役立ちます。

例えば、銀行では スマートコントラクト により、改ざんを防ぎ、透明性を確保することができるという観点からも、ブロックチェーンに大きな期待を抱いています。

 

 

参照元