スペインの再生可能エネルギー会社であるAccionaEnergíaは、スペインの2つの貯蔵施設でブロックチェーン技術を導入した最初の企業となりました。

 

ブロックチェーン技術は、2017年にTudelaの太陽光発電所とBarásoainの風力発電所に採用され、後者は蓄電池を備えた風力発電の最初のハイブリッド貯蔵施設となりました。

この技術のおかげで、ACCIONAEnergíaの顧客やその他の利害関係者は、蓄電施設から供給されるエネルギーは、温室効果ガスの排出がない再生可能エネルギー源からのみ得られることが保証されています。

 

 

参照元