イーサリアム のような第2世代のプラットフォームはアプリケーションのプログラミングを可能にするのに対し、EOS、OrbsおよびLink Chainは、業界で波を作り始めている第3世代のブロックチェーンネットワークです。

第3世代は、手数料やデータ処理時間などの イーサリアム の欠点を解決し始め、韓国でのニーズを獲得しつつあります。

第3世代の目的は、これらの問題を解決することです。イスラエルに本拠を置くブロックチェーンプラットフォームOrbsは、韓国で注目されており、現在複数のチェーンを使用して、 イーサリアム にあるスピードとスケーラビリティの問題に対処するという目標を持っています。

 

 

EOSは、DPoSと呼ばれるコンセンサスアルゴリズムプロセスを導入することにより、 トランザクション 速度の遅さに対抗することを目指しています。

 

韓国最大のインターネット企業であるNAVERとCacaoも、独自のブロックチェーンプラットフォームを立ち上げています。NAVERは、日本の子会社、LINEを通じてブロックチェーンの背後にある技術に目を向けています。

LINEは、Link ChainとLinkトークンと呼ばれるブロックチェーンプラットフォームを立ち上げたメッセージングアプリケーションです。LINEの目的は、Linkトークンを商取引およびゲームの分野におけるユーザー報酬として使用することを目的としています。

 

韓国におけるブロックチェーン第三世代の動きはますます活発になるのではないでしょうか。

 

参照元