シンガポールを拠点とする海運会社Pacific International Lines(PIL)は、IBMシンガポールと提携してブロックチェーン技術を試用しました。同国の有力コンテナ船オペレーターであるPILは、この技術を使用して、サプライチェーンの文書化プロセスを大幅に改善するデジタル船荷証券を開発する予定です。

このパートナーシップは、シンガポールの海事港湾局、シンガポール税関(National TradePlatform)、シンガポール海運協会、Infocomm Media Development Authority、および中国銀行シンガポール支店(BOC)によって承認されました。

 

現在、船荷証券は、貿易融資を提供する際に銀行が使用する紙の書類を表しています。この文書は、一般的にネットワークメンバーに郵送されるので、システムの非効率性は増加し、詐欺や元の論文の損失を招く危険性を持っています。

それにもかかわらず、船荷証券は、国際貿易に依存しなければならない重要な文書であり、運送契約の証拠、特別命令、物品の受領、および他者の間での商品のタイトルなどの法的および商業的情報を含んでいます。

 

この点に関して、PILとIBMは、オンラインで文書を複製し、IBMによって開発された分散元帳に載せるためも、電子荷札(e-BL)を使用する予定です。

 

参照元