インドの西ベンガル州にあるBankuraとDurgapurの地方自治体は、それぞれ独自の方法でブロックチェーンを実験しており、ブロックチェーンのID会社Lynked.Worldによる解決策を試しています。

AadhaarはインドのナショナルIDシステムであり、バイオメトリックデータベースです。これには約12億人のメンバーがいて、それぞれがバイオメトリック情報に関連付けられた12桁のID番号を取得しています。それはインドでの居住の証拠と考えられ、様々な政府サービスにアクセスするために必要とされるものです。

しかし、多くの住人にとって、それはまだ数時間にわたって取得のために時間を要する必要があるIDカードです。

 

パラメータをカスタマイズすることができることにより、BankuraとDurgapurの使用例に見られるような安全に処理できるデジタル証明書を受け取ることができます。

ブロックチェーンの要素は重要であり、地方分権化と不変性によりプライバシーを保護することで、システムの悪用を制限することが可能となります。また、このシステムのみで、十分に不変的であり弾力性があると考えられています。

 

参照元