オーストラリア政府は、オーストラリア連邦銀行(CBA)と協力して、障害者が保険請求を解決しやすくするブロックチェーンテクノロジーアプリをテストしています。

このプロジェクトの一環として、連邦科学産業研究機関(CSIRO)とCBAは、ブロックチェーンが「スマートマネー」を作り出す可能性を探るためのアプリケーションを開発しました。

このアプリは、参加者が書類や領収書を必要とせずにNDISサービスプロバイダからサービスを検索、予約、支払いをできるようにすることを目的としています。

 

 

Data61のSoftware and Computational Systemsプログラムのシニアプリンシパル研究員であるMark Staples博士は、

「これはブロックチェーン技術が新しい決済技術とどのように統合され、条件付き支払いの選択、制御、柔軟性が向上するかという興味深い研究プロジェクトでした。 」と述べています。

同氏は、スマートマネーはビジネス取引における摩擦を減らし、企業が新しいビジネスモデルを創造し、革新的な方法で製品やサービスを提供する可能性を秘めていると説明しています。「これは顧客に利益をもたらし、支払い管理に伴う管理上の負担を軽減します」と同氏は結論付けています。

 

 

参照元