中国南部の海南省で、中国初のブロックチェーン・パイロット・ゾーンが発足しました。

 

海南リゾート・ソフトウェア・コミュニティー(RSC)に拠点を置くゾーンには、月曜日に正式にオープンしたブロックチェーン研究所があり、RSCとオックスフォード大学のオックスフォードブロックチェーン研究センターが共同で設立しました。

また蘭人大学と共同で、ブロックチェーンの機関革新センターをRSCが立ち上げる予定です。

 

パイロット・ゾーンは、世界中のブロックチェーンの知者を引きつけ、国境を越えた取引、包括的な金融および信用格付けなどの分野でのブロックチェーンの適用を検討することにコミットする」と海南省の産業および情報技術部門責任者は述べています。

 

 

参照元