インドがブロックチェーン技術には慎重な姿勢を崩さない理由としては、インドなどの腐敗の多い国では、暗号化された通貨の取引のデジタル化の程度にかかわらず、ブラック・マーケティングと脱税につながる可能性があるためです。

 

それだけでなく、慎重になる理由がさらにあります。

ブロックチェーンによる取引のコストです。現在、トランザクションあたり20ドルの費用がかかります。

またトランザクションのペース(毎秒7つのトランザクション)と各トランザクションへの応答時間(10分)は遅く、システムの規模を拡大すると、プロセスが更に遅くなる可能性があります。

 

そして、ブロックチェーンのサイズが増大し、トランザクションがキャッシュされるにつれて、パフォーマンスが低下し、ストレージ、帯域幅、および処理能力の要件によりトランザクションの管理がますます困難になることも慎重にならざるをえない理由の一つです。

 

 

参照元