国際的な送金を専門とする中央銀行が承認したマレーシアのFintechスタートアップであるMoneyMatchは、APIソリューションを使用するリップルの企業向けブロックチェーンプラットフォームであるRippleNetで初めてのクロスボーダー送金を完了しました。

 

この取引は、ユーザーが従来の送金サービスと比較して、かなり低いコストでマレーシアのリンギット(通貨)をユーロに変換することを可能にし、数時間にて完了したことを送金会社は明らかにしました。

 

MoneyMatchのチーフエグゼクティブであるAdrian Yap氏は次のように述べました。

「完全にマレーシアで作られたFinTechスタートアップが、マレーシアからヨーロッパへの合法的な送金を行うことを可能にしました。ブロックチェーンの革新を従来のマレーシアの金融サービス産業にもたらすことができるようになったことを誇りに思います。」

 

 

 

参照元