中国の中央政府は、匿名性のブロックチェーンを取り除き、ブロックチェーンサービスに登録する際にユーザーに本名と国民IDカード番号を要求するという新たな規制を策定しました。 ビットコイン の取引はすでに禁止されていますが、この方針は継続中のブロックチェーン開発に大きな制限を設けます。

 

金曜日、インターネット規制担当者である中国のサイバースペース管理(Cyber​​space Administration)は、このポリシーの草案を発表しました。これは、ユーザー間で「違法な情報」が流出する前に迅速にブロックチェーンサービスを使用する必要があるためです。また、サービスは、ユーザーデータのバックアップを6ヶ月間保持し、必要に応じて法執行機関に提供する必要があります。国の法律を破ったユーザーは、適切と思われるサービスプロバイダに応じて、警告を受けたり、アカウントのアクセスを制限されたり、アカウントを閉鎖されたりするというようなペナルティを受けます。

 

新しい規則は11月2日まで公開されていますが、政策が制定される時期は不明です。また、政策が何らかの形で修正されるかどうかも明らかとなっていません。

 

 

 

参照元