マレーシア政府は、再生可能エネルギー、パーム油、イスラム金融の3大産業の透明性、持続可能性、物流効率を高めるためにブロックチェーンを活用しようとしています。

再生可能エネルギー産業でブロックチェーンを採用することは、新しいプレーヤーをテーブルに持ち込むことで、エネルギー生産を増やすのに役立つと考えていることが理由の一つです。

マレーシア政府は、ヤシ油産業にとって、経済を改善する大きな変化をもたらすのにブロックチェーンが役立つことを望んでいます。またパーム油はマレーシア最大の輸出物品であり、同国の農業収入の約43.1%を占めている。

 

 

マレーシアはイスラム国家ということもあり、イスラム法の遵守は徹底されなければなりません。現状として、イスラム法の厳格な性質により、同国の経済に反映されているこの業界の間接費が高騰しています。政府はイスラム法を遵守しながらこれらの費用をどのように相殺できるかを検討しており、ブロックチェーンと スマートコントラクト の採用は、これらのコストの一部を相殺するのに役立つのではないかと考えられています。

 

 

参照元