「インドで生産されるコーヒーの約98%は、2ヘクタール未満の土地を所有する小規模保有農家によって生産されています。彼らが栽培しているコーヒーはキログラム当たり約90ルピーの値段がつけられています。ですが、市場価格は1キログラム当たり約300ルピーです。農家の所得水準とコーヒーの市場価格との間には大きな格差があります」とAccenture Labsのオープンイノベーション担当副社長、Nataraj Kuntagod氏はIoTNext2018 Global Summitで語りました。

 

コーヒー豆の様々なステップを小売店舗に達するまで追跡することは、プロセスが複雑でヒューマンエラーが発生しやすくなります。ブロックチェーン技術はサプライチェーンに沿ったコーヒー豆の動きを追跡するのに役立つと考えられています。

農家と焙煎業者や他の仲介業者は、サプライチェーン全体のデータにアクセスすることが可能となるでしょう。このプロセスによって、サプライチェーンのあらゆる欠点を明らかにすると言われています。また、農家はモバイルアプリを通じてデータを更新します。この一連のフローによって、スピード感を保ちながら、ミスをなくすことができるようになると見込まれています。

 

 

 

参照元