東京大学は、日本の大手銀行である三井住友(三井住友銀行)とEthereum Foundationと提携してブロックチェーンコースを試験的に開設することを発表しました。

三井住友銀行と イーサリアム は、他の日本企業スポンサーとともに、2021年10月31日までのコース運営資金として、同大学の大学院工学系研究科に80万ドルを寄付したことが明らかにされています。

 

コースの目的は、ビジネス志向を持つ学生たちに、フィンテックや 仮想通貨 を支える画期的な技術などの「情報数学に優れた才能」を教えることだとしています。

東京大学は、地方分権化されたネットワークとそれらを社会的にどのように実施するかを教えることによって、将来のブロックチェーン起業家を育成したいと考えています。

 

参照元