11月26日から、オハイオ州は事業税について ビットコイン による支払いを受け入れ始めることが明らかになりました

 

この州はBitPayという決済サービスを利用し、州税の支払い手段として ビットコイン を提供するとしています。これは米国で初めて、また世界でも最初の政府の1つとして、 仮想通貨 を受け入れることを意味しています。

財務官のウェブサイトによると、通常税、消費税、従業員の源泉徴収など23種類の事業税が仮想通貨での支払いに利用できるようになり、安全で低コストである ビットコイン に対する更なる期待を高めています。