韓国政府が、ソウルに次いで人口が多い釜山にブロックチェーン方式の仮想発電所(VPP)を建設するにあたって、政府は40億ウォンの支援を約束したことを明らかにしました。

 

VPPは発電を最適化することを目的としています。VPPは複数のエネルギー資源の容量を統合するクラウドベースの分散型発電プラントであり、釜山市と釜山国立大学、エネルギー管理会社のヌリ・テレコムなどの地元企業が提案したものです。

 

関係者は、「ブロックチェーン・ベースのプロセスが導入される以前は、財務記録の保存と管理を規定する標準化されたルールが存在しませんでした。そのため参加者は独自の記録に依存せざるを得ず、クロスチェック・プロセスの要件にもかかわらずエラーが発生することがよくありました」と述べ、VPP建設への高い期待を語りました。

 

参照元

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校