米宇宙機関のNASAが、航空交通サービスとサポートを保護するためにブロックチェーン技術を追加し、技術を進歩させることを計画している、と報じられました。

 

NASA Ames Research Centerの航空コンピュータエンジニアであるRonald J. Reismanは、「この機関は、典型的な航空交通管理のやりとりに似た企業間取引のために特別に設計されたHyperledger Fabric』と呼ばれるオープンソースのブロックチェーンプラットフォームと連携します。」と述べています。

 

 

新しいフレームワークには、認証局、スマートコントラクトサポート、および特定の認可された航空機・メンバーとの間の安全な通信に使用できる個人情報用の高帯域幅通信チャンネルも含まれています。

 

ブロックチェーンは、プライバシーの潜在的な問題に対処し、なりすまし、サービス拒否、その他の攻撃を防止することが期待されます。

 

 

参照元