日本のみずほ銀行は、今年3月までに独自の暗号通貨を発売する計画を発表しました。

 

このステーブルコインは日本円と同等で、携帯電話のアプリで支払いや送金に使用されます。

このコインはスマートフォンアプリで操作し、店舗でスキャンするQRコードを使用して、円に変換することができます。

 

ユーザーは、クレジットカードに比べてはるかに低いコストで買い物や個人間での送金などの取引が可能になります。

 

 

参照元