米国のワシントン州上院は、既存の法律を修正し、ブロックチェーン技術の開発を促進する法案を提出しました。

 

“SB5638″と呼ばれるこの法案は、ブロックチェーンに対応したデジタル署名とデジタルライセンスを成文化し、これらの標準を実施するために必要な法的承認を与えるものと思われます。

 

同法案は、すでに州法にある「電子署名は法的承認を否定されるものではない」という内容をそのままとし、さらに「デジタル署名認証のための自発的なライセンスメカニズム」と「ブロックチェーンの開発促進」を加えることにより、商業を促進させることが含まれています。

 

政府レベルでのブロックチェーン技術に対する正式な承認と支援は、州内のブロックチェーンや 仮想通貨 の革新を加速させるかもしれないと期待されています。

 

 

参照元