JPモルガンチェイスは「JPMコイン」と呼ばれる独自の 仮想通貨 を発売する予定としており、顧客はブロックチェーンネットワークを介した支払いの即時転送が可能になると述べました。

 

特定の銀行では、顧客が銀行にお金を預けると、他のJPモルガンの顧客とのネットワーク上取引に使用できる 仮想通貨 が発行されます。

その 仮想通貨 は米ドルと引き換えることができるので、その価値はほぼ安定したままであろう、と同銀行は述べています。

また、顧客がブロックチェーンを介して別のクライアントに送金すると、JPMコインが転送され、即座に同額の米ドルに引き換えられます。このことから決済時間の短縮が可能となります。

 

 

JPモルガンは、顧客の取引相手、決済リスク、資本要件を減らし、即時の価値移転を可能にすることで、大きなメリットがもたらされると期待しています。

 

参照元

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校