ウガンダは急速にブロックチェーンの主要ハブになりつつあります。2018年のGlobal Innovation Indexによると、ウガンダはブロックチェーン技術の採用に関してアフリカの10番目の国で、世界的には103位です。

 

最近、ヨハネスブルグに拠点を置くCarico Cafe Connoisseurは、特にコーヒーのサプライチェーンを効率化するためにブロックチェーン技術を使い始めました。ちなみに、同社はコーヒーの大半をウガンダから調達しています。

コーヒー以外にも、ウガンダ市場で盛んになっているブロックチェーン技術のもう1つは、Binance仮想通貨取引です。この取引プラットフォームは2018年6月にBinance Ugandaとしてローンチされ、ウガンダ支部は世界で最初のfiat-crypto trading pairsをサポートするBinance交換所となりました。

 

参照元