アメリカの海産物大手のBumble Bee Foodsが、ドイツのテクノロジー企業SAP Cloud Platform Blockchainサービスと協力して、キハダマグロがインドネシアの海から食卓に運ばれるまでを追跡するブロックチェーン・プラットフォームを公開しました。

 

多くの消費者が自分たちの食品が安全な方法で調達されていることを知りたいと要求していました。そこで両社は魚介類の流通の改善を行うため、キハダマグロのエンドユーザーに渡るまでの供給連鎖を監視することが出来るプラットフォームを開発しました

 

SAPのブロックチェーン技術を使えば、消費者や顧客は、スマートフォンを使って製品パッケージのQRコードをスキャンするだけで、原産地と調達経路に簡単にアクセスできるようになります。

 

参照元

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校