中国深圳の地下鉄Shenzhen Metroは、電子請求書の発行にブロックチェーン技術の採用を発表しました。

 

深圳は中国初の経済特区であり、今回のシステムは深圳市税局と同国の大手テクノロジー企業Tencentの共同創設です。

 

Shenzhen Metroにこのシステムを追加することで、完全なデータベースとして請求データが残ります。乗客が乗り終えた後、プラットフォームは自動的に電子請求書を生成し、WeChatまたはShenzhen Metroモバイルアプリ内で請求書の確認が可能です。

 

また、ブロックチェーン技術を使用することで請求書を改ざんすることが難しくなり、税務当局が請求書の出所と真正性を追跡するのに役立つとされ、多方面での活躍が期待されています。

 

 

参照元