ニュース

ブロックチェーン技術でマラリア撲滅へ

更新日:

アジア太平洋地域のマラリアアラ​​イアンス(APLMA)によって作られた組織のM2030は、ブロックチェーンのスタートアップであるDragonchainとの提携を発表しました。

マラリア根絶への手段として、 分散元帳 を使用することが目的です。

 

ブロックチェーン技術は、団体への寄付プロセスに対し透明性を高めることに貢献します。

また、組織が実装パートナーによる寄付の使用状況を追跡できるようにしながら、寄付の記録を作成することに期待を寄せています。

 

Dragonchain Foundationの会長であるShirly Roets氏は、「このパートナーシップは、人道支援団体が直面している障壁を排除し、M2030の目標をサポートするためにブロックチェーンが持つ特徴を上手く活用するでしょう。」と、述べています。

 

参照元

 

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校

Copyright© BLOCKCHAIN-INFO , 2019 All Rights Reserved.