インドのコーヒーは世界で最高のものの一つとして認められており、主に小規模の農家によって生産されています。高価格で販売されることが多いにも関わらず、農家の最終的な収入の割合は非常に低いという現状があります。

 

コーヒー市場へのブロックチェーン導入の目的は、この問題を解決するためコーヒー農家を市場に近づけ、その過程に関与する中間業者の数を減らすことです。また、コーヒーのコスト削減にも目を向けています。

 

インド最大手コーヒー会社Coffee Boardはブロックチェーンをベースとしたアプリケーションを既に開発しており、コーヒー農家、輸出業者、焙煎業者、輸入業者、小売業者に配布し、問題解決のためのプロセスを開始しました。

 

このインドのコーヒー取引の改善点として、人々の利益を改善するだけでなく、売り手と顧客が本物を買っていることを保証します。このようなサプライチェーンの改善は、ブロックチェーン技術の導入により、ますます促進されつつあります

 

 

参照元