マレーシア証券取引所は銀行と協力して、東南アジアで初めてとなるブロックチェーン方式のSBL(有価証券貸借)の概念実証を行っています。

 

このプロジェクトは、ブロックチェーンがもたらす透明性の向上や、SBL市場に関連する課題に対処する機会を探るためのものです。

 

更に、同取引所は同時に業界固有のニーズ、コスト、効率性の圧力に適合するブロックチェーン対応融資プールの開発を推進しています。

 

マレーシア証券取引所は、技術主導型のイノベーションに焦点を当てることで新たな機会、パートナー、働き方をもたらし、取引所の機敏性と将来にわたってビジネスを継続できる能力を高めることを期待しています。

 

 

参照元