ドイツ議会が今夏にもブロックチェーン債を認める規制案を導入する計画を発表しました。
これにより、これまでの債券をブロックチェーン上の仮想トークンとして発行することが可能になります。

同国ではブロックチェーンに重きを置いており、それを促進することが非常に重要であるとしています。

 

また、ドイツはブロックチェーンと 仮想通貨 の両方について保守的なスタンスをとっており、特にビットコインやその他のトークンに慎重な姿勢を示してきていました。

 

現在は紙上のトークン化プロセスの考え方を中心にしてきていますが、今回の法案によりブロックチェーン・トークンの合法性を規定することによって、それに起因する問題が規制上のグレーゾーンで放置されることを防ぐことができます。

 

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校