ニュース

日本のバーで、ブロックチェーン型決済システム「Lightning」 を試験的に運用開始

更新日:

日本のバーAwabar Fukuokaで、ブロックチェーン型の 仮想通貨 決済システムLightningの試験的な運用が開始しました。

 

Lightningは同国のITスタートアップであるNayutaが開発・提供しており、顧客はLightningを使用しスパークリングワインやソフトドリンクを購入できるようになっています。

 

今回開発されたLightningは、より多くの人が一度に決済システムを利用できるよう 仮想通貨 をスケールする最良の方法だと支持されてる一方で、未だ実験段階にあります。

 

Nayutaは、「すべてのネットワークトランザクションが成功する段階ではなく、全面的に使用するのはまだリスクがあるが、 仮想通貨 が現実世界のシナリオでどのように機能するかを分析することを計画しており、どのような改善が可能であるかを決定するための研究を行う予定である」と伝えています。

 

 

参照元

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校

Copyright© BLOCKCHAIN-INFO , 2019 All Rights Reserved.