ニュース

マレーシアがブロックチェーン技術者のための就労ビザを採用

更新日:

マレーシア政府が管轄する情報部門組織MDECは、フリーランスのIT技術者を対象とした新たな就労ビザプログラムを試験的に開始しました。

 

このプログラムは外国人の技術専門家に対し、ブロックチェーン関連のサービスを提供したり、マレーシア企業で実務研修を受けたりするために最長12ヶ月間国内に滞在する権利を与えるもので、仮想通貨をはじめとするブロックチェーン技術関連組織、ネム財団(NEM Foundation)と、世界のIT技術者求人支援サービスを展開するのJobbatical主導により立ち上がりました。
 
NemマレーシアのCEO、ジャスミン・ン(Jasmine Ng)氏は、このような改革がハイテクツーリズムを促進すると言い、その結果、才能ある技術者の訪問は彼らと協力する地元のスタッフも熟練させるだろうと言いました。

 

昨年9月には香港政府もIT技術者の入国を容易にするための措置を発表し、政府が外国からの技術流入に積極的な動きを見せています。国際的な動きに引き続き注目です。

 

 

 

参照元

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校

Copyright© BLOCKCHAIN-INFO , 2019 All Rights Reserved.