ニュース

多発するビットコインATMによる犯罪は法規制の対象外

更新日:

スペインの法執行当局は、ビットコインATMを利用した犯罪組織を解体しようとする最近の動きが、欧州のマネーロンダリング防止法の不備を露呈したと主張しています。

 

Bloombergの報道によると、欧州委員会が発行し、来年までに執行される予定の新しいマネーロンダリング対策(AML)規制における暗号関連犯罪の抜け穴が、今回の欧州刑事警察機構(Europol)とスペインの民事警備隊が主導した国際的な訴訟により明らかになったといいます。

 

犯罪組織はビットコインATMを利用した大規模なマネーロンダリング (資金洗浄) サービスを提供しており、入手したATMを架空の送金・取引業務事務所に設置していました。これは暗号通貨ATMやプラットフォームを対象とした犯罪が規定されていないため、現行法の金融規制から外れています。

 

今後、このような法のグレーゾーンをついた犯罪が増えることが懸念され、暗号通貨の急速な発展に伴う、新たな法整備が急務となっています。

 

 

参照元

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校

Copyright© BLOCKCHAIN-INFO , 2019 All Rights Reserved.