ニュース

アメリカ国防総省、ブロックチェーンを使いセキュリティ強化を試みる

更新日:

米国防総省(The United States Department of Defense)は、デジタル近代化戦略の一環として、ブロックチェーン型のサイバーセキュリティシールドの構築を目指しています。

 

国防総省は7月12日、「DoDデジタル近代化戦略:DoD情報資源管理戦略計画FY19~23。」と題した4年計画のロードマップで、ブロックチェーン技術の計画を発表しました。この報告書によると、米国防総省内の研究部門であるDARPAはは現在、サイバーセキュリティーに焦点を当てた、少なくとも二つのブロックチェーン・プロジェクトに取り組んでいるとのことです。

 

これらのプロジェクトの目的として、部隊と司令部の間の通信や、諜報部員と国防総省の間の通信などのセキュリティ向上が挙げられ、DARPAは最終目標を、ブロックチェーン技術で「ハッキング不可能なコード」を作ることとしています。

 

国防省省は、「ブロックチェーン・ネットワークは、妥協の可能性を減少させるだけでなく、それを達成するために敵により大きなコストを課す」と言及し、敵の行動をためらわせる抑止力としても効果があるとしています。

 

 

参照元

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校

Copyright© BLOCKCHAIN-INFO , 2019 All Rights Reserved.