ニュース

中南米で初のブロックチェーンパートナーシップが締結

更新日:

Santiago証券取引所(The Santiago Stock Exchange, STE)、チリの証券管理会社Central Securities Depository (DCV)、国際的な貿易先検索サイトGlobal Trade Directory(GTD)は新しいブロックチェーン協会を発表しました。

 

ラテンアメリカに特化したビジネス企業のBNamericasは8月27日、STE、DCV、GTDがブロックチェーン金融アプリケーション開発のためのコンソーシアムを設立したと報告しており、これはラテンアメリカで初のイニシアティブであるとされています。

 

今回の契約では、Hyperledgerベースのプラットフォーム上で稼働するさまざまなアプリケーションへのアクセスを提供する ノード を介して、世界中の株式市場の顧客を接続することを目的としたビジネスブロックチェーンネットワークの構築が予定されています。これにより、中南米でブロックチェーン上での株取引が大々的に可能になると思われます。

 

報告によれば、3社は契約後、半年以内に技術委員会を設置し、各提携会社と連携しながらシステム開発を進める方針であり、その開発期間は2年であると予定されています。

 

米国での技術革新の流れが確実に近隣諸国に波及し始めているといえるでしょう。

 

 

参照元

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校

Copyright© BLOCKCHAIN-INFO , 2019 All Rights Reserved.