ニュース

オランダ企業がブロックチェーン技術を海のごみ問題へのソリューションに活用

更新日:

オランダWaste2Wear社が、世界で初めて、ブロックチェーンを使って追跡できる海洋プラスチックで作られたリサイクル繊維コレクションを公開しました。

 

8月20日に初めて公表されたこの製品は、Waste2Wearが、追跡可能な布地に使用される再生材料に対する顧客の要望に応えて特別に開発したもので、同社は8月22日に、新しく発表するコレクション用のプロプライエタリなブロックチェーン・システムのベータ版を発表しました。

 

今回発表されたWaste2Wear Ocean Fabricsに使用されるプラスチックは、上海近くの小さな島の水と沿岸地域から調達されたもので、地元当局と協力して、海からプラスチックを回収して漁民に利益をもたらすビジネスモデルを構築、漁師たちは毎週3トン以上のゴミを海から回収しているとのことです。

 

米ファッション・ユナイテッドが9月17日に報じたところによると、同社は9月17〜19日、パリで国際繊維見本市 「プレミエール・ビジョン」 に出展するそうです。

 

現代では、世界中で環境汚染への対策が急務となっています。特にプラスチックによる海洋汚染は長年叫ばれつつも解決策が出なかった問題です。この技術が根本的な解決アプローチになりえるのか、注目です。

 

 

参照元

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校

Copyright© BLOCKCHAIN-INFO , 2019 All Rights Reserved.