ニュース

ブラックストーン社CEOがブロックチェーンの使われ方に懐疑的な意見を述べる

更新日:

大手投資ファンド運用会社ブラックストーン社(Blackstone)のスティーブ・シュワルツマン(Steve Schwarzman)最高経営責任者 (CEO) は、「ブロックチェーンが好きだが、お金に適用するのはおかしい」と、現行のブロックチェーン、および仮想通貨の使われ方へ否定的な考えがあることを明かしました。

 

シュワルツマン氏は9月17日のフォーチュン誌のインタビューで、ビットコイン(BTC)に対して否定的な見解を示し、ブロックチェーン技術を使ってお金を作ることは「かなり奇妙」であり、暗号通貨は理解しにくいのであまり関心がないと説明しました。

 

また、中央集権化を支持し、世界各国が通貨を規制するのには理由がありると主張ており、Bitcoinは犯罪行為を助長するだけだと警告しています。

 

しかし同時に同氏は、ブロックチェーン技術を非常に優れたいいアイデアであるとし、支持を表明しています。その使われ方が議論されるべきと考えているようです。

 

ブロックチェーンや暗号通貨技術に関わる全ての人が、現在の技術へ自らの意見を持つことは重要でしょう。

 

 

参照元

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校

Copyright© BLOCKCHAIN-INFO , 2019 All Rights Reserved.