ニュース

コンゴの紛争ダイアモンド採掘解決へ、ブロックチェーン企業がソリューション提供

更新日:

ベルリンを拠点とするブロックチェーン企業RCS Globalは、コンゴ民主共和国の問題として挙げられている、紛争の資金源となる紛争ダイアモンド(Blood Diamonds)問題を解決するため、小規模から市場規模までの技術ソリューションを提供していることが、ロイターの報道で明らかになりました。

 

RCS Globalは、2019年初頭からブロックチェーン技術ソリューションの導入を開始し、ほとんどが紙ベースの認証システムに依存している鉱物管理を一新するため、鉱物にデジタルタグを付け、追跡することでその真正性を証明できるシステムを開発しました。

 

これは正しい方向への一歩であるにもかかわらず、SMBの最高経営責任者であるBen Mwangachuchu氏は、バッグにタグを付ける政府職員が、最初から不正なデータを入力するために密輸業者と共謀している場合の危険性について指摘しました。

 

ブロックチェーンによる高い情報追跡性は違法コピーや、生産者の証明など今まで解決できなかった問題のソリューションとなることがよく注目されますが、同時にいまだ抜け道があることは理解する必要があるでしょう。

 

 

参照元

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校

Copyright© BLOCKCHAIN-INFO , 2019 All Rights Reserved.