ニュース

ディープフェイクへの懸念 AIとブロックチェーンで解決を模索

投稿日:

米国の法執行機関向けの大手テクノロジー・メーカーであるAxon Enterprise Inc.は、同社のボディ・カメラ用のブロックチェーンなどの新しいデータ・トラッキング・テクノロジーを模索しています。

 

Reutersは10月3日、新技術に対するAxonの関心の背後にあるのは、有名人のしぐさやジェスチャーを好きなように合成できる「ディープフェイク」ビデオに対する懸念だと報じました。ディープフェイクのビデオは、特殊な人工知能(AI)を使って作られており、本物のように見えたり聞こえたりするそのリアルさが話題となっていり技術です。

 

このディープフェイクは、半年後には現実のものと判別がつかなくなるとまで言われており、インターネット分野でのなりすましや、捏造情報の拡散などの意図的な悪用が考えられ、特に警察官が装着しているボディーカメラ映像の真偽の判定が難しくなることへの強い懸念が示されています。

 

これに対抗するため、新世代カメラのAxonにはビデオの出所を追跡するのに役立つ安全なデジタル署名が含まれています。Axon広報担当者は、ディープフェイク がもたらす脅威を認識しており、身体に装着したカメラビデオを含め、あらゆるビデオの完全性に対する一般的な不信を引き起こしていると強いききかんを示しました。

 

 

参照元

FLOC(フロック)ブロックチェーン大学校

Copyright© BLOCKCHAIN-INFO , 2019 All Rights Reserved.